教育 情報について

色々な情報から教育に役立つものを獲得

子供の教育をを考えたとき、まず対象になる子供の年齢を考えてみる必要があると思います。それによって、まったく一から勉強法を教える事ができる子供なのか、あるいは過去に独特の勉強方法を行ってきたのか、例えば暗記に近い学習法を学んできたのか、勉強がぜんぜん面白いと感じていないのかなどうまくインタビューしてその子の勉強方法の履歴を聞いてみるのはとても役に立ちます。小学校に上がる前の子供でも既にこどもむけ英会話スクールやさまざまな学習に取り組んでいる両親がいると思います。このあたりの情報を子供と両親から聴取しておくことはつまずいたときにのちのち大きなヒントになります。特に苦手教科については、それがいつから始まったのかわかり、原因の発見に大きく役立ちます。

Copyright© 教育 情報 All Rights Reserved.